7.介護過程(出題数:8問)

<出題傾向と対策>

出題傾向が分かりやすい科目です。
試験センターの中項目を素直に意識しながら、学習及び問題を解く意識を持ちましょう。
介護過程のそれぞれの段階でどのように考え、どのように行動するかが一番のポイントです。
その他の問題は付け足しと考えても良いかもしれません。
中項目の以下の部分を中心に学習しましょう。
 
① 情報収集・アセスメント(一般的な情報収集か特定の目的のある情報収集か)
② 課題・目標
③ 計画
④ 実施
⑤ 評価
⑥ 加えて、他職種との連携を意識しましょう。
 
① ~ ⑤までは、一つの流れとして理解しましょう。
 
他職種との連携がなくては、利用者を支えることができません。そもそも、計画が立てられませんね。
介護、福祉及び介護福祉士試験については、常に利用者の立場で考えますが、この科目は、それに加えて介護福祉の専門家という視点が欠かせません。
第33回は、目的、情報収集、アセスメント、支援の方向性、短期目標、再アセスメント、記録などからの出題。一人の利用者に対して、どの様な流れで行われるかの全体像がイメージできるようになってから、個別の課題を深掘りしていきましょう。
 

<学習の効率を上げるコツ>

① 利用者の視点と専門家の視点の両方から考える。
② ケアプラン、介護計画書などを見る機会があれば、実際に見て具体的なイメージをつかむ。