19.福祉サービスの組織と経営(R2年-第33回)

問題119 社会福祉法人に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 理事長は,無報酬でなければならない。
2 経営安定化を図るため,収益事業を行う義務がある。
3 設立認可を行う所轄庁は,その主たる事務所の所在地を管轄する厚生労働省の地方厚生局である。
4 規模にかかわらず,決算書類を公表する義務がある。
5 評議員会の設置は任意である。
 
本問は、積極法で選ぶのが無難であろう。
 
1は、×である。そのような規定はない。
2は、×である。元々が社会福祉に関する事業を行うことを主たる目的としているのだから、収益事業を行う義務を課すのはおかしい。
3は、×である。原則として法人の主たる事務所が所在する都道府県とされている。この肢だけでは、判断が難しいと感じた人は、△にして次に進む。
4は、〇である。「規模に関わらず」がひっかるものの、社会福祉法人が公的な役割を担い優遇措置を受ける存在でることからすれば、決算書類を公表する義務を課すことに違和感はない。
5は、×である。評議員会は必ず置かないといけない。

【正解4】

 
問題120 福祉サービスに関連する事業や活動を行うことのできる組織・団体に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 へき地医療や救急医療などを担うことが要件となっている社会医療法人は,医療保健業について法人税は非課税となっている。
2 「平成29年介護サービス施設•事業所調査」(厚生労働省)によると,介護保険法による指定訪問介護事業所の開設(経営)主体別事業所数の構成割合は社会福祉法人が最も高い。
3 組合員の生活の文化的経済的改善向上を図ることを目的に設立された消費生活協同組合は,介護保険事業を実施できないとされている。
4 医療法人は全て,本来業務である病院,診療所,介護老人保健施設のほか,収益業務も実施することができる。
5 地域の自治会•町内会が法人格を取得する制度は存在せず,集会場など土地・建物の管理は個人名義で行う必要がある。
 
知識が無いと解けない問題であるが、最後の2つまでは絞ることができる。直観に従って解く。
迷うとしたら肢1と肢4だろうか。肢4の「全て」という表記に注目して欲しい。
 
1は、知らないと判断に迷う。△にして次に進む。
2は、×である。指定訪問介護事業所の開設(経営)主体は、社会福祉法人よりも民間企業(株式会社、有限会社など)が多そうである。
3は、×である。消費生活協同組合が介護保険事業を行っている場合がある。
4は、知らないと判断に迷う。△にして次に進む。
5は、×である。NPOとなる方法が存在する。

【正解1】

 
問題121 経営の基礎理論に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1  バーナード(Barnard,C.)によれば,公式組織の3要素とは,コミュニケーション,貢献意欲,共通目的である。
2 アッシュ(Asch,S.)の実験によれば,集団の中で孤立無援の状態で異議を唱えるのと,一人でも同じ考えの仲間がいるのとでは,集団力学的に違いはない。
3 テイラー(Taylor,F.)は,労働者の感情を重視し人間関係に重きを置く経営管理を提唱した。
4 メイヨー(Mayo,G.)らによって行われたホーソン実験では,生産性に影響を与える要因が,人間関係よりも労働条件や作業環境であることが確認された。
5 ハインリッヒの法則とは,集団力学における集団規範に関するものである。
 
験生なら知っておくべき知識である。
肢2は推論で判断できる。肢3,肢4,肢5は過去問でも出題されている。
 
1は、知らないと判断に迷う。△にして次に進む。
2は、×である。説明にある両方のケースを比べた場合、集団力学的に違いがある。
3は、×である。テイラーは科学的管理法で有名だが、そこで重視されたのは労働条件や作業環境である。
4は、×である。ホーソン実験からわかったことは、人間関係が生産性に影響を与えることだった。※ここまで読むと、肢3と肢4は説明部分が交差していることがわかる。
5は、×である。ハインリッヒの法則は、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常(ヒヤリ・ハット)が存在するというものである。

【正解1】

 

問題122 動機づけに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 ブルーム(Vroom,V.)によれば,上司が部下に対して大きな期待を抱くと,部下の動機づけが高まる。
2 ハーズバーグ(Herzberg,F.)によれば,仕事への満足感につながる要因と仕事への不満足につながる要因とは異なる。
3 マグレガー(McGregor,D.)によれば,X理論では部下は仕事を当然のこととして自律的に目標達成しようとし,責任を率先して引き受ける。
4 デシ(Deci,E.)は,内発的動機によってではなく,むしろ金銭的報酬などの外的報酬によって人は動機づけられるとした。
5 マクレランド(McClelland,D.)は,人間が給与への欲求のために働いていることを示す期待理論を展開した。
 
これは知識がないと解くのは難しい。
ハーズバーグの二要因論(動機付け要因と衛生要因)は㉘問121、㉙問125でも出ており、押さえておくべき知識だったといえる。
 
1は、×である。ブルームの期待理論は、合理的な人にとって、仕事へのモチベーション(動機付け)は、「それをすることで得られる結果への期待値」と、「その行為によって得られる報酬の魅力」によって決まるというものである。
2は、〇である。
3は、×である。マグレガーは、マズローの欲求段階説をもとに、人間観・動機付けにかかわる対立的な理論としてX理論とY理論を提唱した。X理論は、低次欲求(生理的欲求や安全の欲求)を比較的多く持つ人間の行動モデルで、命令や強制で管理し、目標が達成出来なければ処罰するといったマネジメント手法となる。
Y理論は、高次欲求(社会的欲求や自我・自己実現欲求)を比較的多く持つ人間の行動モデルで、魅力ある目標と責任を与え続けることによって、従業員を動かしていくマネジメント手法となる。
4は、×である。デシの考えは、選択肢の説明とは反対で、金銭的報酬などの外的報酬によってではなく,むしろ内発的動機によって人は動機づけられるとした。デシの考えが斬新だったのは、外から与られる報酬(外的報酬)が、内発的なモチベーションを低下させることを指摘したところにある。
5は、×である。マクレランドの理論は、作業場における従業員には、達成動機(欲求)、権力動機(欲求)、親和動機(欲求)、回避動機(欲求)の4つの主要な動機ないし欲求が存在する、というものである。いずれの動機(欲求)が強いかによって、その人の願望には違いがあるとする。

 

福祉勉強会の直前対策講座のテキストでは、ハーズバーグの二要因論(動機付け要因と衛生要因)が気になって少し詳しく書いておいた。受講してくれた人は、正解できたのではないか。
 
ハーズバーグは仕事の満足に関わる要因と不満足に関わる要因が異なることを指摘した。
仕事の満足に関わるもの(=動機付け要因)は、達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「責任」「昇進などで、これらが満たされる満足感を覚えるが、欠けていても職務の不満足を引き起こすわけではない、とした。
一方で、仕事の不満足につながるもの(=衛生要因)は、給与」「対人関係」「作業条件などで、これらが不足すると職務不満足を引き起こすが、満たしたからといっても満足感につながるわけではない、とされる。

 

【正解2】

 
問題123 リーダーシップに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 三隅二不二は,リーダーシップの行動面に注目して,「指示的リーダーシップ」と「支援的リーダーシップ」の2次元で類型化したPM理論を提唱した。
2 経営環境が変化する中では,定型的業務を遂行するためのリーダーシップだけではなく,変革型リーダーシップも求められる。
3 フィードラー(Fiedler, F.)は,リーダーとフォロワーの関係が良好で,仕事の内容・手順が明確な場合は,タスク志向型より人間関係志向型のリーダーの方が良い業績を上げるとした。
4 フォロワーがリーダーを支えるフォロワーシップは,リーダーシップに影響を与えないとされている。
5 初期のリーダーシップ研究は,リーダーの効果的な行動のアプローチを研究した行動理論が主流であった。
 
知っているか知らないかではなく、読んで当然のことが書かれているなと判断できれば十分である。
積極法で正解が出せる問題である。
 
1は、×である。PはPerformance(目標を達成する能力)で、MはMaintenance(集団を維持する能力)である。過去問で何度か出ている(㉘問122など)
2は、どうか。素直に読んで、内容的にこれが適切であることは誰しも気づくのではないだろうか。これが〇である。
3は、知らないと判断しづらい。フィードラーは,「タスク(仕事)志向型」と「人間関係志向型」のリーダーシップは,状況によって変わると考えるとした。×である。
4は、×である。フォロワーは、リーダーシップに影響を与える。
5は、知らないと判断に迷う。行動理論よりも、リーダーの性格などを研究した。

【正解2】

 
問題124 社会福祉法人の会計財務等に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 財務会計は組織内部における管理を目的としているため,通常,組織独自の会計ルールを用いる。
2 貸借対照表の純資産とは,外部から調達した負債である。
3 減価償却とは,固定資産(土地と建設仮勘定を除く)の取得原価をその耐用年数にわたり費用化する手続であり,過去に投下した資金を回収するものである。
4 流動資産とは,通常2年以内に費用化,現金化できるものである。
5 社会福祉充実残額とは,社会福祉法人における事業継続に必要な財産額をいう。
 
社会福祉充実残額という言葉に戸惑った人も居たと思うが、過去問学習をしていれば、正解が出せる問題である。
社会福祉充実残額は初登場ではないだろうか。
 
1は、×である。社会福祉法人が組織独自の会計ルールを用いることが許されるはずがない。2は、×である。純資産とは、資産から負債を除いたものである。
3は、〇である。過去問でも出題されている用語である
4は、×である。通常1年以内に現金化、費用化ができるもの(1年基準)を指す。なお、固定資産についても確認しておくとよい。
5は、×であるが、知らない人が多かったと思われる。※ワン🐾ステップUP‼参照。

【正解3】

 

ソーシャルワンカーと一緒にワン🐾ステップUP‼
社会福祉充実残額とは・・・
貸借対照表の資産の部に計上した額から負債の部に計上した額を控除して得た額が、基準日において行っている事業を継続するために必要な財産の額として厚生労働省令で定めるところに算定した額(控除対象財産)を上回る場合における、その上回る財産額をいう。

 
問題125 経営戦略に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
1 ドメインの策定とは,経営理念を前提としてある時点までに到達すべき目標の設定のことである。
2  3C分析は,内部環境の「強み」と「弱み」,外部環境の「機会」と「脅威」を総合的に分するフレームワークである。
3 福祉事業において経営戦略は,経営理念とは切り離して検討するものである。
4 機能戦略とは,事業単位に対して策定される戦略をいう。
5 経営戦略とは,チヤンドラー(Chandler,A.)によれば,長期的目的を決定し,これらの目的を遂行するための行動方式を採択し,諸資源を割り当てることである。
 
肢 3お肢4は常識的に判断できるが、肢2は知らないと判断に迷うであろう。
 
1は、知らないと判断に迷うが、結論を言えば×である。ドメイン(domain)は領域という意味があり、ドメインの策定とは、事業活動を行う領域のことである。インターネットでよく使われるドメインも同じ単語である。分からなければ、△にして次に進む。
2は、×である。説明はSWOT分析である。
3は、×である。経営戦略は,経営理念と合わせて考えるのが普通だろう。
4は、×である。事業単位ではなく、企業単位で考えるべきものである。
5は、チャンドラーがこのように言っているかどうか知らないと判断に迷うが、〇である。
【正解5】