1.人間の尊厳と自立(出題数:2問)

<出題傾向と対策>

問題数が2問しかありません。
試験センターの小項目を素直に意識しながら、学習及び問題を解く意識を持ちましょう。
① 「人間」の多面的理解
② 人間の尊厳
③ 自立・自律
④ 権利擁護・アドボカシー
⑤ 人権尊重
⑥ 身体的・精神的・社会的な自立支援
 
少なくとも上記④と⑥は確実に押さえておきましょう。
自立支援は、身体的なものよりも、社会的・精神的なものをより意識しましょう。
アドボカシー・権利擁護は、制度(成年後見制度、日常生活自立支援事業等)に具体的に結びつけるという観点ではなく、本人の尊厳の保持、自己決定支援をイメージする。

 
第33回の問1は人名当ての様な問題ですが、人間の多面的理解と考えましょう。
第33回の問2は意思決定やアドボカシー・権利擁護の問題と言って良いでしょう。
 

<学習の効率を上げるコツ>

① 問題数が少ない為、多くの時間を使うことはできません。
② 基本をしっかり、応用は過去問学習で。