SW出題傾向と対策

社会福祉士国家試験の出題傾向とそれに対応する試験対策を科目別に解説しています。

19.更生保護制度(出題数:4問)

<出題傾向と対策> 出題基準は、①更生保護制度の概要、②担い手、③関係機関・団体との連携、④医療観察制度の概要、⑤動向と課題、に分類できます。このうち最も出題率が高いのは、②の担い手に関する設問で出題率50%を占めていま […]


18.就労支援サービス(出題数:4問)

<出題傾向と対策> 新カリキュラムになってから出題され始めた科目です。出題数は4問と少ないですが、事例問題が1問含まれています。出題範囲が限られるため、テキストの読み込みと、過去問で十分合格点はとれる科目です。ここ数年、 […]


17.児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 本科目は、数多くの法律や施設からの出題と歴史的背景、人物及び白書等からの出題となっています。法律については、類似の法律と混在させた問題や法律の概要を問うもの、年齢を問うものなどがあります。歴史的な背景 […]


16.高齢者に対する支援と介護保険制度(出題数:10問)

<出題傾向と対策> 本科目は、介護保険制度から3問前後出題されています。それ以外では、白書、高齢者施策の歴史、老人福祉法、高齢者虐待防止法、介護に関する基礎知識、高齢者施策一般などからの出題です。   介護保険 […]


14.相談援助の理論と方法(出題数:21問)

<出題傾向と対策> すべての科目の中で最多の出題数です。合計点をアップさせるためにも外したくない科目です。出題は、大きく分けて事例問題とその他の問題です。事例問題が多く出題されるのも特徴の一つです。(第31回では7問、第 […]


13.相談援助の基盤と専門職(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 出題基準は、①社会福祉士の役割と意義、②精神保健福祉士の役割と意義③相談援助の概念と範囲④相談援助の理念、⑤相談援助における権利擁護の意義、⑥相談援助に係る専門職の概念と範囲⑦専門職倫理と倫理的ジレン […]


12.社会調査の基礎(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 範囲は広く、①社会調査の意義、目的、統計法、②量的調査、③質的調査、④倫理、社会調査へのITの活用に分けられます。このうち、②量的調査、③質的調査を合せて5問程度、①社会調査の意義、目的、統計法と④倫 […]


10.保健医療サービス(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 保健医療サービスは、医療サービスと社会サービスから構成されています。 出題範囲は広く、①医療保険制度、②診療報酬、③保健医療サービスの概要、④保健医療サービスにおける専門職の役割と実際、⑤保健医療サー […]