PSW出題傾向と対策

精神保健福祉士国家試験の出題傾向とそれに対応する試験対策を科目別に解説しています。

2.精神保健の課題と支援(出題数:10問)

<出題傾向と対策> 精神保健福祉士としての幅広い業務範囲から出題されます。 精神病院の中の精神保健福祉士だけでなく、①学校(いじめ)、②産業(過労死・職場復帰)、③被災者、④地域(予防・ひきこもり・ニート)、⑤貧困(ホー […]


16.保健医療サービス(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 保健医療サービスは、医療サービスと社会サービスから構成されています。 出題範囲は広く、①医療保険制度、②診療報酬、③保健医療サービスの概要、④保健医療サービスにおける専門職の役割と実際、⑤保健医療サー […]


15.低所得者に対する支援と生活保護制度(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 本科目は、比較的難問や奇問が少ないという傾向があります。出題基準 10 分類のうち、最も出題頻度が多いのは、生活保護法に関する設問です。これまでは、関連の設問も含めると全体の60%~70%を占めていま […]


14.障害者に対する支援と障害者自立支援制度(出題数:7問)

<出題傾向と対策> 出題基準は、①障害者の実態と取り巻く社会情勢、②障害者総合支援法、③障害種別各福祉法、④障害者支援関連法に大別されています。   最も出題が多いのは、②障害者総合支援法に関する問題で、出題の […]


13.社会保障(出題数:7問)

出題傾向と対策 出題内容は、①社会保障の仕組み、②社会保険の内容、③統計、④歴史に分類できます。このうち、①と②を合せて4~5問が出題され、③と④は各1問程度の出題となっています。 また、試験制度が変わった頃と比べて、近 […]