CW出題傾向と対策

介護福祉士国家試験の出題傾向とそれに対応する試験対策を科目別に解説しています。

13.総合問題(出題数:12問)

<出題傾向と対策> 事例問題の形式にはなっていますが、問題文のヒントから答えを導き出せないしっかりとした知識が必要なものが多くあります。文字通り、総合的な知識が必要なのかもしれません。 このことを逆に言えば、この科目から […]


12.医療的ケア(出題数:5問)

<出題傾向と対策> 比較的新しい科目です。 加えて、科目群の中で問題数が一番少なく、受験生にとっては神経を使う科目です。 喀痰吸引と経管栄養が中心です。 今後もこの分野から出題されるかどうかは分かりませんが、この2つは確 […]


11.こころとからだのしくみ(出題数:12問)

<出題傾向と対策> 科目名が漠然としているだけでなく、試験センターの中項目、小項目は膨大な量があり、的が絞りにくいと言えます。 ただ、こころのしくみよりもからだのしくみの方からの出題が多い傾向にあります。 どんな問題が出 […]


10.障害の理解(出題数:10問)

<出題傾向と対策> 9.の認知症の理解と似たような出題構成となっています。 障害一般の定義・概念・考え方、障害別の症状や対応、関係機関との連携、家族を含めた対応などが出されていますが、次の3つに絞って満点ではなく、効率よ […]


9.認知症の理解(出題数:10問)

<出題傾向と対策> 的が絞りやすい科目であると思います。 認知症一般、原因疾患別の症状、関係機関との連携、家族を含めた対応などが出されていますが、次の3つに絞って満点ではなく、効率よく、ある程度の点数をとるという方式をお […]


8.発達と老化の理解(出題数:8問)

<出題傾向と対策> 老化に関することが中心です。老化に関する理論、身体的・心理的状態像の理解が重要です。 その中でも、身体状態の理解(例えば、高音域が聞こえにくい、肌の乾燥、唾液の減少など)が最重要です。 次に、老化に伴 […]


7.介護過程(出題数:8問)

<出題傾向と対策> 出題傾向が分かりやすい科目です。 試験センターの中項目を素直に意識しながら、学習及び問題を解く意識を持ちましょう。 介護過程のそれぞれの段階でどのように考え、どのように行動するかが一番のポイントです。 […]


6.生活支援技術(出題数:26問)

<出題傾向と対策> 全ての科目の中で最も問題数が多くなっています。 得点源にしたい科目です。 この科目を敢えて二つに分けると、次の二通りになります。   ① 個別の利用者対応の仕方(例えば、片麻痺の方・視覚障害 […]


4.介護の基本(出題数:10問)

<出題傾向と対策> 利用者への対応や社会福祉士及び介護福祉士法などは、毎回のように出題されますが、他はバラバラな感じです。何が出題されるのか絞りにくい科目です。 利用者対応や社会福祉士及び介護福祉士法以外では、個人情報、 […]